キャバクラ嬢の営業テクニックを教えてあげる

キャバクラで高時給を稼ぐナンバーワン

ナンバーワンキャバ嬢が教えるマル秘テクニック

こうした内容だと、お客さんもお店に行こうという気にはなれません。いいメールのはずが完全に逆効果になってしまったという例です。こんな事務的なメールを貰っても絶対に嬉しくはないはずです。そこで、メールに関しては、自分のことだけではなくて、相手のことも織り交ぜることが大事なのです。
メールの内容ですが、別に何てことのない内容の方が良かったりもします。お客さんに対して何か質問をしてみるのもいいでしょう。自分のことに興味を持ってもらうことが出来るというのは思いの他嬉しいものなのです。お店であったことについて話すのもいいですし、覚えていてくれたとお客さんに思わせることが出来たらなお良しです。
また、メールの中にお客さんの名前を入れるのもいいですし、本当にたわいもないことを送ることで、親近感を持たせてあげるのもいいでしょう。お店に来てほしい!という内容のメールを送るのではなく、自分からお店に来て話をしたいと思わせるような精神状態を作ってあげることが大切です。時にはちょっとドッキリさせるようなセリフをメールに混ぜてあげてもいいでしょう。
営業メールのように見えて、そうではない…というのが一番ですね。ちなみに、もしも営業メールを頑張って送り続けましょう。それから、メールを送る時間というのも頭に置いておきたいところです。寝ている時間帯はできる限り避けましょう。一番いいのは、仕事中、あるいは休憩時間中です。確実に起きていますし、何よりお客さんに迷惑だと思われないように心がけましょう。そして、メールを送りつつも、たまに電話を使って話をするのも効果的だと言われています。
キャバクラでの営業は、こうした点に注目して、興味を持ってもらうことができるような営業メールが送れるように色々と工夫をしてみるようにしましょう。

©2015 時給が高いナンバーワンのキャバクラ嬢になるまでの道のり大公開